スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発事故の放射能汚染の実態

文部科学省 平成23年8月30日発表
放射線量分布マップ
Radiation-map.png
1kベクレルとは1000ベクレルのことです。
この報告書から郡山市中心部のセシウム137は.100kBq~600kBq/㎡
100000Bq~600000Bq=10万~60万Bq/㎡

もっと詳しくセシウムの分布をしりたいので下記のデータから読み取ります。
Radiation-graf.png

上記のグラフから郡山市のセシウム137の濃度を推測する。

6 月6 日~6 月14 日 土壌採取
空間線量率と土壌の核種分析結果
上記のグラフから6月(6 日~14 日)の空間線量が、
18μS/hの地点で500万Bq/㎡相当
9μS/hの地点で250万Bq/㎡相当 
1μS/hの地点で27万Bq/㎡相当のセシウム134+セシウム137がある。

文部科学省発表からセシウム134とセシウム137の土壌濃度割合はほぼ同じである。
セシウム134:セシウム137≒1:1
このことから、セシウム137は上記の約半分であるため、
6月の空間線量が
18μS/hの地点で250万Bq/㎡相当
9μS/hの地点で125万Bq/㎡相当 
4μS/hの地点で55.5万Bq/㎡相当
1μS/hの地点で13.8万Bq/㎡相当のセシウム137があると言える。

福島県の放射能をモニタリングしている地点は、アスファルト上であるため、
風雨でセシウムはかなり流されており、自宅の放射線量とは数値に大きな開きがある。
10月現在 郡山市合同庁舎 0.8μS/h      
10月現在 我が家の敷地   1.5μS/h
郡山市合同庁舎を1とすると我が家敷地は1.875

10月測定結果の0.8:1.5の比率で計算すると、
4月7日 郡山市合同庁舎 2.0μS/h 
4月7日 我が家敷地2.0×1.875=3.75μS/h と推測できる。
福島県HPで公表した
4月7日 たちばな幼稚園  3.5μS/h であり、
比較的近所のたちばな幼稚園の数値と近い数値のため、比率計算は有効であると考える。

土壌採取した6 月6 日~6 月14 日の我が家敷地の空間放射線量を推測すると、
6月上旬 郡山市合同庁舎 1.3μS/h
0.8:1.5の比率計算により
6月上旬の我が家敷地は1.3×1.875=2.43μS/h 推測される。
このことから、我が家のセシウム137の濃度は、
空間線量2.43μS/hであることから、2.43 ×13.8万Bq/㎡ =33.5万Bq/㎡
よって郡山市台新地区の我が家は、
33.5万ベクレル/㎡相当であると推測できる。

10月現在の空間線量でセシウム137の濃度を推測すると、
1.5μS/hで33.5万Bq/㎡であることから
1μS/hで22.33万Bq/㎡となる。
よって、10月時点の福島県の空間放射線量に
223300を掛けた数値が、その土地のセシウム137の濃度と推測
できる。

10月の□μS/h × 223300 =□Bq/㎡    ・・・・・・・・簡易計算方程式A

テレビ朝日の報道
福島市でも55.5万Bq以上の地点があり、
郡山市でも50万Bqに近い数値が検出された
。」

チェルノブイリ原発事故では、
セシウム137が55.5万Bq/㎡以上の地域が強制移住の対象となった。


ゴメリ州、カリンコビッチ、
ブラフコさんはセシウムによる
低線量の被爆が続くこの町で、事故後19年間暮らし続けました。
事故から19年、突然の白血病を発病した。

(NHK 汚れた大地~チェルノブイリ20年後の真実~抜粋)

ゴメリ州、カリンコビッチ
1~5Ci/k㎡ 
キューリーとベクレル
1キュリー(Ci) = 3.7×1010ベクレル(Bq)
1Ci=370000000000ベクレル=3700億ベクレル

1~5Ci/k㎡ →3.7万Bq/㎡~18.5万Bq/㎡
19年後になって白血病が相次ぐゴメリ州 カリンコビッチは、
セシウム137 3.7万Bq/㎡~18.5万Bq/㎡ であった。

簡易計算方程式Aより
3.7万Bqは、37000/㎡ ÷ 223300 = 0.165μS/h 
18.5万Bqは、185000/㎡ ÷ 223300 =0.828μS/h 相当の地域である。
よって10月現在で空間線量が
0.165μS/h~0.828μS/hの地域でも、白血病になる可能性がある。

この数値は、福島県中通りでほぼ全域にあてはまるものであり
この地域在住の福島県民100万人に直結するリスクである。

低線量を被爆している世界15か国、60万人の原発労働者を調査したところ、
がんや白血病で亡くなったひとのうち1%から2%が被爆が原因

(NHK 汚れた大地~チェルノブイリ20年後の真実~抜粋)

このデータをあてはめると低放射線量(0.16~0..82μS/h)の地域に長年住み続けると
福島県民100万人のうち1万~2万人はがんや白血病で亡くなることを
意味している。

郡山市台新の住宅敷地33.5万ベクレル/㎡相当は、この数値を遥かに上回る。
福島市~郡山市では、ゴメリ州より遥かに高い30万Bq/㎡~60万Bq/㎡の土壌地帯が多くある。

また、汚染の続くゴメリと、汚染のほとんどないミンスクで、
事故後生まれた子供に染色体の異常がどの程度見つかるかその頻度を比べました。
この調査でゴメリで生まれた子供に似染色体の異常が見つかる頻度は
ミンスクの子供の十倍に上ったとの報告


このことから、白血病にならなかったとしても、子供に染色体の異常が出てしまう可能性が高い。

私達福島県民は、チェルノブイリ原発事故の実態を知り、その基準を照らし合わせて行動する必要があります。

世田谷の放射線 福島は40μSの現実(郡山雨どい下)

世田谷区で最大値3.3μSの放射線量が検出されテレビ各局が大幅な時間を使い報道されました。
文部科学省も即座に対応し、除染も行い
検査の結果、ラジウム鉱泉による放射線とのことでした。

マスコミは、福島県飯館村役場の放射線量と比較し、
避難区域地域より高い放射線量として報道しました。

飯館村村役場地上1mの空間線量2.12μとの比較でした。
ここは、アスファルト上であるため線量が低くなっている場所です。
また、飯館村でも場所により空間線量はさまざまです。
飯館村長泥コミュニティーセンターでは地上1mの空間線量8.3μSあります。
最大線量3.3マイクロシーベルトがとても危険な数値としての報道に、
私達福島県民は、とてももどかしく感じております。

福島県郡山市の地上1mの空間線量(郡山合同庁舎)0.81μSですが、
私の郡山自宅は、空間線量1.5μS、地面は2μS、雨どい下付近は最大値40μSあります。 
Radiation5.jpg
Radiation6.jpg

この数値は我が家が特別な数値ではありません。
郡山市内全域で同じように雨どい下は、このような数値です。
飯館村の側溝や雨どい下は、郡山と比べ物にならない高レベルな放射線量があることでしょう。

世田谷の3.3μにマスメディアは危険と報道し
福島県は、危険ではないのでしょうか?

世田谷で大騒ぎしてテレビ各局で報道。
除染も素早く対応されました。
福島県民は、このような報道をどのように受け止めたらいいのでしょう。

世田谷の10倍以上の高濃度放射線量があちこちに存在するのに
私達は、各自で除染してください。という状態です。
更に、除染で出た土は回収してもらえないため、
家の敷地に保管しておかなければなりません。

いつになっても国の手はここ福島に届くことはないようです。
マスコミの報道を見ても都心に重点を置き私達福島県民は、見過ごされてしまっています。

家の中でもお0.7μSあります。
24時間0.7μ以上の放射線量を浴びて私達は生活しています。 
低い線量の地域よりも線量の高い地域を優先して対策をとってもらいたのです。 

ブラック・スワンからのメッセージ~福島の原発をどう見る

世界で相次ぐ想定外の事態を黒い白鳥に例える思想家 ナシーム・タレム氏

著書「ブラック・スワン」は世界で150万部を超えるベストセラー
白鳥は白い鳥が普通を思われていますが、
実は黒い白鳥もいます。
人々がその黒い白鳥を見て常識を破られたときの衝撃
それをタレブ氏は世界で起きるさまざまな問題に通じているとしてブラック・スワンと呼んでいます。

そういうことからどうやって身を守ったらいいのだろう?
「ブラック・スワン現象」にどう向き合うか?


ナシーム・タレブ氏 インタビュー


福島の原発はブラック・スワン的な出来事だった?

「ブラックスワンの真のメッセージは世の中には予測が難しいことが多いとうこと
 予測出来ない場合 人間はえてして問題を過小評価してしまう
 起きないと思ってしまうのだ
 福島原発事故もその一例だ」

それは、どういう意味ですか?

「福島の事故を考えるにあたって重要なのは東京電力は利益を求める企業だということです。
 本来利益を得る者が、結果責任を負わない限り資本主義はうまくいきません。
 結果責任を伴わないと お金が掛かるので防波堤はそんなには高く出来ない。
 大きすぎる防波堤は必要ないだろうと なるのが自然の流れなのです。
 しかし自分の首が懸っていると思えばもっと高い防波堤を作るはずです。」

今回の事故のような出来事は予測できるのでしょうか?

「出来ません。そこが問題なのです。
 起きるか起きないかというリスクを正確に予測することは出来ません。
 あり得ないと思うような出来事ほど難しいのです。
 ですからシュミレーションをする時には、
 これが間違っていたらどうなるのだろう
 疑いの目を常に持つべきです。
 この単純明快な考えさえあれば
 福島原発はもっと丈夫な防波堤で守られていたはずです。
 それが出来ないのであれば原子力発電そのものを辞めるべきだったのでしょう
 過去に起こったことがないというのは言い訳にすぎません。」

ではどうすればいいのでしょうか?

「私はいつも言います。想定外の出来事を受け入れられる頑丈な社会を作りなさい。
 ありえないという考えに縛られてはならない。」

著書で日本は“ありえない”ことに対処するのが難しい と述べていますが
「日本の文化は失敗をした者を罰する文化だと思います。
 小さな失敗を犯しただけで皆 恥だと思ってしまい
 そこでなるべく失敗を犯さない方法を目指すようになります。
 そうなると一度失敗が起きた時、とてつもなく大きな失敗になる恐れがあるのです。
小さな失敗を重ねた方が、10年に一度の大きな失敗を犯すよりも結果はいいはずです。」

想定外の事態が相次ぐ時代に日本はどう対処すればよいのか?
「小さな失敗を恐れるな。大きな失敗を恐れよ。
日本は一定の失敗に寛容になるべきです。
古代ローマの人々は、揺れても沈まなければよいと言いました。
多少の揺れは表面的な安定よりも優れている。
というのも上辺では安定しているように見えるものは
何かの拍子に崩壊してしますからです。
ありえないと思うことは、結局は巨大な過ちにつながるのです。」


白河市 ミツヤマグリーンプロジェクト がれき木材をバイオマス

東日本大震災により出た大量のがれきは市街地の復旧、復興の障害として大きな問題となっている。
がれきの処理をどうするのか?

がれきの有効利用に取り組んでいる会社

白河市の一般廃棄物最終処分場(西郷村)
ここには大震災で倒壊した家屋などから出たがれきが集められています。
その量の多さに困惑。

がれきの処理は、分別された後 焼却・埋め立て・リサイクルに回されます。
しかし、震災後はあまりの量の多さに集積場所の確保が困難になっている。

白河市大信 ミツヤマグリーンプロジェクト
がれきとなった木材を細かく砕いてをチップ化しバイオマス発電所の燃料に利用しようと取り組み。

ミツヤマグリーンプロジェクト 満山泰次 社長
「がれきを埋めたり、野焼きするのではなく、やはりエネルギーにして、
今、電力が足りない時期ですし、
やはりバイオマス施設とかで電気をおこして少しでも役に立てた方が
がれきも浮かばれると思います。」

大震災意向 随時2000トンが敷地内に集積
現在 ここに持ち込まれているのは、白河市から出た大震災のがれき。

積み上げられたがれきから 鉄やプラスチックを取り除いた後
タブブラインダー(破砕機)という砕く機械に入れます。
これで5センチ以下のチップにし、木質バイオマスになる。

バイオマスとは、化石燃料以外の再生可能な生物由来の資源のこと
木質バイオマスとは、木材からなるバイオマスのこと

バイオマスは有機物なので燃やす段階で二酸化炭素が発生しますが、
成長過程で行う光合成によって大気から二酸化炭素を吸収するので相殺されます。

バイオマス発電所はまだまだ少ないので
地元のバイオマス発電所と、茨城県のほうにもトレーラー4台で運んでいます。

相馬や、南相馬などの沿岸地域では
現地に破砕機を持っていって、現地で製品を作り、現地からバイオマス発電所にチップを運んだほうが効率がいいと思います。

がれきの再生は復興への一歩です。

頑張って下さい満山社長。
がんばれバイオマス。

がんばろうふくしま
がんばろう白河

いわき震度6で井戸沢断層 約1.2メートルの上下のずれ

11日12日の震度6弱の地震で井戸沢断層が大きくずれ、いわき湯本付近を震源とする余震が50回以上
先月の本震から内陸部に移り、専門家は千葉~岩手の地震域のどこでM7クラスの直下型地震が起きてもおかしくないと言っています。これが3年は続く、10年は続くという地震学者もいるので、
この震災は気の遠くなる長期戦になりそうです。

今回は、いわき湯本から西に位置する井戸沢断層が破壊されましたが、
いわき市から宮城県亘理町にかけて南北に走る浪江断層が破壊されたら
福島原発はどうなってしまうのでしょうか?
恐怖を感じます。

また、仕事で郡山から水戸へ行くルートで349号線を利用していますが、
これも棚倉から常陸太田市にかけて棚倉断層がありその真上に349号線があります。
先日のTVで見た井戸沢断層の1メートル以上のずれを見ると恐怖を感じます。


福島民友記事添付

いわき市などで11、12両日に発生した震度6弱の地震は、いわき市南部から茨城県境付近まで南北約20キロに延びる井戸沢断層の活動で起こった可能性が高いことが、東大や山形大などの研究チームの現地調査で分かった。同断層が震源となる大きな地震はこれまで観測されておらず、調査に参加した山形大の八木浩司教授(地形学)は「3月11日の本震により、寝ていた子が起こされた可能性がある」と話している。
 八木教授によると、震源に近い同市田人町などで、11日の地震によるとみられる約7キロにわたる地面のずれを確認した。約1.2メートルの上下のずれや、30センチの横ずれがあった。断層が地表面に出てくるのはマグニチュード(M)7以上といわれており、八木教授は「単独で見ても、かなり大きな地震だったと言える。今後も土砂崩れなど斜面災害への警戒が必要だ」としている。


がんばろう宮城
がんばろう福島
プロフィール

poppy1

Author:poppy1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。